今回は工場のアルバイトについて、書いていきたいと思います。工場での現場作業は昔は3Kと言われ、敬遠されていました。実際、仕事としてはいわゆるブルーカラーで楽なものでないことはそうだと思います。ただ、機械も多く導入されて、それほど力に自信がなくても、対応出来るようにはなっています。

具体的に、工場の現場でアルバイトすることのメリットとデメリットをあげていきたいと思います。

製造求人サイト☆リニューアル【お仕事情報ネット】  



工場勤務をオススメできる理由


①作業が完全マニュアル化されている。すぐに作業の要領をつかめます。

工場の製造現場では大体どこでも作業がマニュアル化されています。ラインがいくつかあり、それぞれに明確な役割が与えられています。しかも、誰が対応してもできるようになっています。基本的には、単純作業の繰り返しなので、難しい仕事ではありません。頭を使わなくて仕事なので、1時間も作業続ければすぐに要領つかめてきます。その分、ものを考えるストレスというの非常に少ないです。それは、人によって好き嫌いが分かれると思いますが、私は作業自体嫌いではありません。なぜなら、体が作業を覚えてしまえば、違うことを考えながらでも仕事を進めていけるからです。好きな漫画のこと、今日の夕飯何にするか、週末どこに行くか、次どんな仕事をするか、などなどを考えながら仕事をすることができます。
社会人になると、自分の時間は、とても少なくなります。言い換えると、自分の事について考える時間がとても少なくなります。だから、毎日があっという間に過ぎて行きます。それは特に、オフィスワークでもそうですし、営業でもそうですし、企画なら尚更そうです。要は知的労働と言うのは、頭を自分以外のことに使ってお金を稼ぐ仕事だからです。
その点、現場での肉体労働と言うのは、頭をほとんど使わなくて済みます。体を使って稼ぐ仕事だからです。頭の中は何を考えてても自由ですし、拘束されません。好きなことを考えていられます。おそらく、ずっと知的労働ばかりしてきた人はそんな事は気づかないと思います。逆に、肉体労働ばかりしてきた人もそんな事は気づかないと思います。ですが、1日8時間ほどの労働時間があるとすると、頭を拘束されるのか、身体を拘束されるのかは、とても重要な問題であって、その人の職業生活の質に関わってくると思います。私は、労働時間であっても、自分のことや自分の関心のあることに頭を費やしたいと思うので、体力に自信があるのなら肉体労働は悪い選択ではないと思います。


②健康になる。

現場で毎日作業していると、体が自然に健康になってきます。何故かと言うと、非常に規則正しい生活を強いられるからです。言葉悪いですが、工場での生活は刑務所での生活に近いものだと思っています。それぐらい1日のスケジュールがきっちり決められていて、1分1秒単位で仕事を進めていきます。夜勤シフトが入ると少し話は変わってきてしまうのですが、日勤シフトに限定で言うと、早寝早起きが身に付きます。そして、運動量も多いので、汗をかきます。荷物を運ぶこともあるので、筋肉がついていきます。前に工場でアルバイトをしたときに、60歳位のおじさんがお金もらいながら体鍛えることができる。自分にお金もらいながら行く山田と言われたことがありますが、まさにそうだと思います。私はいつも、どうせ体を使うならと思い、筋肉をバランスよく使うようにして、ダイエットと筋トレを作業に取り入れています。
また、メンタルヘルスの観点から言っなぜなら、仕事でストレスのかかる1番大きな要因は人間関係ですが、製造業で肉体労働してると、体も疲れているし、余計なコミニケーションは必然的に省かれていくからです。ても、知的労働より肉体労働の方が健康度が高いです。なぜなら、仕事でストレスのかかる1番大きな要因は人間関係ですが、製造業で家肉体労働してると、体も疲れているし、余計なコミニケーションは必然的に省かれていくからです。体動かして疲れていくと、大体人は、頭が空っぽになります。頭が空っぽになれば、それはストレスを発散できている証拠です。


③残業がない。

工場には長時間労働は生まれにくいです。なぜなら、基本はシフトを組まれているからです。きっちり労働時間が管理されます。定時になったらみんな一斉に上がります。
8時間を超えると、残業代が発生してきます。誰でもできる仕事なら、同じ人が10時間働くのと、違う人が2時間働くのではどちらが良いのでしょうか。トータルの労働コストは2人で分散した方が喧嘩を抑えられると言う思惑が経営側にはあり、生産性の面でも2人で分散する方が好まれます。
だから、チャイムがなったら一斉に作業止めて、切り上げるのが普通です。柔軟性の面で言うとあまり好まれるものでは無いかもしれませんが、自分でその日の上がり時間を決めなければいけない知的労働と比べると、周りを気にせずに仕事をあがれるという点でメリットだと思います。


④人間関係の煩わしさがあまりない。

仕事中の人間関係の煩わしさがないと言う点でにおいて、工場での労働はメリットだと思います。コミュニケーションに対する対価ではなく、手足を使って作業することに対する対価です。ほとんどの人が、仕事中には作業に没頭しています。基本的に流れ作業になるので、自分の前工程の人から製品が流れてきて、次の人に回すまでが仕事なので、手を止めてしまうとそのラインの仕事を止めてしまうことになります。ですので、あまり人と話ながら仕事する余裕がみんなにありません。おしゃべりな人や同僚などと楽しく仕事したいと言う人にとっては、もしかしたら苦痛な時間かもしれませんが、それほど仕事中に人と関わりたくないという人にとっては、余計な気を使わなくて良い職場なので、メリットなのかなと思います。




工場勤務の残念な点


①体がつらい。

当たり前と言えば当たり前ですが、基本は手足を使って作業するため、体に負担をかけます。体力に自信のある若者にとっては、それほどくにならないかもしれませんが、年配の方や腰に持病のある方にとっては非常に辛い労働になるかもしれません。

私も経験あるのですが、重い段ボールを持ち上げようとして、ぎっくり腰になったことがあります。ほんとにたくて数日間は動けません。そうなると、しばらく仕事休まなければいけませんし、その後持病を抱えながら働かなければいけないかもしれません。体が資本と言う点で、プロのスポーツ選手のようなものかもしれませんが、持病持ってしまい肉体労働ができない体になってしまったときに、将来的につぶしが効にくいと言うリスクがあります。

仮に持病のない人にとっても、1日8時間体育の授業を受けるようなものなので体が疲れます。連勤が続けば続くほど、疲れが抜けにくくなります。工場でのアルバイトは、体力面で自信のない人には、1日おきのシフトにしてもらうなど、無理のない範囲で少しずつ慣れていく方法が良いと思います。


②勤務時間中の融通が利きにくい。

工場のアルバイト勤務時間中は、囚人生活を送っていると思った方がいいかもしれません。少し乱暴な言い方ですが、それぐらい工場では集団行動を強いられますし、自由に行動することが難しいです。もちろん工場にもよりますし、町工場のような少人数の所では、また状況が異なると思います。ただ、いわゆる大企業で何千人と社員がいて、現場での生産活動がマニ耐えられない人などは、その辺のデメリットを考慮した上で応募した方が良いかもしれません。ュアル化されてるようなところでは、人の管理もマニュアル化されています。8時30分くらいにラジオ体操が流れ、みんなで一斉にラジオ体操します。そして、朝礼が行われて、その日の目標だったり前日の振り返りだったりが周知されます。午前の飲み物休憩1回、お昼休憩、午後の飲み物休憩1回、17時くらいに定時です。毎日このスケジュールが粛々と遂行されていきます。
また、勤務時間中には自分の持ち場でどんどん作業していかなければ、製造の流れが止まってしまうので、安易に抜けることができません。トイレなので抜けたい場合は、職場のリーダー等に許可をもらってでないといかせてもらえません。事務職の場合は、自分のタイミングでトイレくらい行けます。ですが、工場でのアルバイトの場合は、基本は集団行動を守らなければいけないので、それすらも自由にできない不便さがつきまといます。その辺はあらかじめ、心得ておいた方が良いのかもしれません。

③ルールに厳しい。

融通がききにくいと似たようなことかもしれませんが、工場でのアルバイトはルールを厳格に守ることを求められます。特に、安全衛生に関わることについては厳しく言われます。例えば、工場内でポケットに手を突っ込んで歩くことや、歩きスマホをすることなどは工場内では原則禁止されているところが多いです。また、製造現場では危険な機械などを使うこともあり、なおさらルールを守る事を求められます。工場としては、アルバイトでも社員でも勤務時間中に怪我があれば、労災になります。労働災害は年間ベースで工場の負の実績としてカウントされています。安全衛生委員会という工場内の会議でも労働災害があればその対策について議論がされることようになっています。
また、製品の安全性と言う意味でも、昨今はとても厳しい時代になっています。特に食品工場では、衛生面を維持するため徹底的にルールを守らされます。車の部品工場なのでも、1つの部品不良が命に関わる恐れがあるため、社会的責任を求められないように徹底的に製品管理がなされています。
このような点から工場内では細かいルールがいろいろ決められていて、そのルールを破ってしまうと厳しく叱責をされます。

1つの部品不良が命に関わる恐れがあるため、社会的責任を求められないように徹底的に製品管理がなされています。



まとめ


いかがでしょうか?工場でアルバイトする際は、多かれ少なかれ向き不向きがあります。体力が自信がある人、規則正しい生活をしたい人にはうってつけの仕事かもしれません。一方で、体力に自信がない人や持病持ちの人、細かく管理されるが耐えられない人などは、その辺のデメリットを考慮した上で応募した方が良いかもしれません。
ただ、工場のアルバイトは単純に面白い面もありますので、短期間限定で働くと言うのも悪くないのかもしれません。興味ある方は、以下のサイトで求人を探してみてください。

スポンサー

  ━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★☆★☆短期アルバイト情報サイト「ショットワークス」☆★☆★ 国内最大級の短期バイト情報サイト「ショットワークス」で探そう! 人気の「勤務日1日だけ」の激短バイトを多数掲載。 時給1,000円以上、日給10,000円以上の高給バイトも多数あり。 人気案件は早い物がち、今すぐエントリー! ▼今すぐチェック▼ 詳しくはコチラ:https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZNA7L+29KENM+2UBM+I1FMR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━