採用面接では肝の質問になるので、志望動機と自己PRはセットで考えましょう。どこの面接でも聞かれると思って入念に準備をしましょう。



志望動機

「志望動機」と聞くと、もはや就活の専門用語で、当たり前のように就活生からも面接官からも使われています。そして、今では志望動機と検索すれば、あらゆる業種の志望動機例がヒットします。志望動機はマニュアル化されて、現場ではみんな似たような志望動機が並べられています。もはや、個性を出すのも難しい時代になっています。


そんな状況下でいかに面接官を唸らせる志望動機をつくるかが就活者にとっての最重要課題です。大事なのは、一度原点に立ち返って志望動機とは何かを考えることです。


では、改めて、志望動機とは何でしょうか?

簡単な言葉で質問にいいかえるとこうです。

この仕事(業界)には何かしら興味があったから応募したのですよね?そのきっかけは何だったんですか?

たくさんある会社の中で、うちの会社の何が良くて、あなたはうちで働きたいと思ってくれたんですか?

これらの質問は全部、志望動機を聞かれています。

明確に答えられるようになれば志望動機は大丈夫です。ただ、一貫性をもって(今言ったこととさっき言ったことが同じ)答えられなければいけません。そして、あーなるほどねと面接官に思わせることができれば勝ちです。

就活というのは変なイベントで、みんなが一斉に動きだします。周りが沢山受けていると自分も沢山受けなければと、気持ちだけが焦り、志望動機は後回しで、兎に角、名前の知っている会社を受けてみるということは良くあります。わたしもそうでした。そうなると、本音では「よくわかりませんが有名な会社だからとりあえず応募しました。有名な会社は安定してますし、福利厚生もいいところに惹かれました」が志望動機だったりします。

個人的には、バカ正直にこう言うのもありだとは思います。変に取り繕うよりはそのバカ正直さに好感が持ってもらえるかもしれません。それに、実際のところ、突き詰めると大半の人は本音はみんなこの志望動機だったりします。人前ではきれいごとを並べますが、働く理由の根本は似たり寄ったりです。

ただ、それを答えるのは社会である程度経験を積んで、理論武装できるようになってからの方が良いです。バカを演じてると見られるのと、バカだと見られるのは全く違います。中途で経験の裏付けがあれば、バカを演じているように見てくれるかもしれませんが、なかなか新卒の社会経験のない状態では裏付けが難しく、通用しにくいからです。


なので、新卒の場合は、ある程度はターゲットを絞り、入念に志望動機を準備して臨んだ方が得策です。その方が、労力が少なく済みますし、色々通りやすくなるからです。


では、どう準備したらよいでしょうか?

次の2つの作業がオススメです。

・自己分析 (自分は何ができるか、何に向いてるか、何をすることに喜びや価値を感じるか)

・会社研究 (応募する会社は何を事業にしてるか、応募する会社はどんな理念を大切にしてるか、応募する会社の特徴は何か)

自己分析で注意すべきことは、あくまでも作成の作業をするという姿勢です。誰もがステキな自分を持ってるわけではありません。一生懸命取り組んだ誇らしい経験もあなたの一部ではありますが、すべてではありません。熱を入れすぎて、自分を見失っては元も子もありません。特にセミナーや何かの社長やなんかは熱いことを語りたがります。自己分析をする目的は自分探しをすることではなく、面接官を納得させる志望動機をつくるための作業です。ぜひ経験の場面場面をきりとって、自分にしか書けないよい作品をつくってほしいと思います。

ちなみに、わたしは新卒の就活をはじめた頃は、これらを真面目に考えていました。ああでもない、こうでもないと。ある経験を思い出して、継ぎ足したり、くっつけたりして、軸を作り上げていました。元々、自分に自信があまりないタイプだとそうなりがちなんですよね。企業セミナーに行けば、それが大事だといわれ、キャリアセンターに行っても決まり文句のように、それが大事だといわれます。これが繰り返されると負のスパイラルに入ります。

ですが、軸は軸として考えることは大事ではありますが、本音は本音として建前は建前として切り分けて志望動機をつくれるとよいかもしれません。まずはシンプルに考える。その上で経験を思い出して、場面を切り取って文字にして、継ぎ接ぎする作業です。


企業研究については、自己分析で作った軸を基準に、企業のことを調べる作業です。大抵の企業はホームページがでてるので、そこから企業理念や事業内容、会社の雰囲気などが知ることができます。小さい会社でホームページのない会社でも、実は求人広告などからも色々な情報が読み取り可能です。わたしでもいいですし、身近のキャリアコンサルタントにも相談してみてください。

あとは、ポイントを拾い読みして、自分は〇〇に関心があり、御社の〇〇という事業や理念に共感しました。という文章へ落とし込む作業を行います。ここで自分のことを棚に上げて、手放しに御社のお世辞を並べると嘘っぽくなるので、注意しましょう。あくまで、自分の価値観が先にあり、御社のことを調べたら一致したというのがよいです。また、前々から御社のことを知ってましたという嘘もすぐバレます。存じ上げませんでしたが、今回拝見し勉強させて頂きましたといえれば◎です。

という具合で、志望動機はわりと簡単につくれてしまいます。1日もあれば十分です。ただ、プロの目は通したら、なお早く質の高いものができると思いますので、(協力的な)キャリアコンサルタントに相談してみてください。

最後に、
わたしは自己分析や志望動機の類のものは、社会経験のない状態の人に求めるのはナンセンスだと思っています。入ってみないとわからない、仕事してみてはじめてわかることの方が圧倒的に多く、新卒の段階では絵に描いた餅だと考えるからです。だから、卒論なんかと同じ感覚で取り組んで、いい作品をつくると割り切ってしまった方がいいと考るタイプの人間です。