今回も履歴書について書きたいと思います。

履歴書は手書きとパソコンどちらが良いかということについて、議論していきたいと思います。

みなさんはどちらが良いと思いますか。

私は基本どちらでも良いと思っています。

以前は100%を手書きでつくっていました。それは私が古いタイプの考え方で且つ習字をしていたこともあり、手書きの方がアピールになると思ったからです。ですが、最近は、80%ほどをパソコンでつくっています。残りの20%は手書きで、本当に志望度が高くて、熱意を表現したいところのみに差し控えています。


客観的なことをいえば、求人票に「履歴書は手書きのこと」と書いてあればやむを得ず手書きでつくるのが良いです。求人票は、ある種、応募者へのの指示書ですのでそれに従うのが一番無難だからです。

逆に何も書いてなければパソコンで作成するのが良いと思います。個人的には、パソコンで作った方が断然楽だと思います。次の利点があります。

・データの使い回しができるので、履歴書1枚に割く時間を少なく済みます。

・データ上で修正ができるので、途中で間違えたとしても、書き直しをせずに済みます。

・手持ちの履歴書がなくなった時にコンビニに買いに行かなくて済みます。


そもそも、名前や住所、学歴などの基本データは変わりません。保存しておけば、精神的に有利に準備できます。また、印刷は家にプリンターがあればそれを使えばいいですし、なければコンビニでプリントができます。

わたしは履歴書の様式に指定がないときは、セブンイレブンでA4フォーマット2枚で作成したワードデータを複合機にiPhoneで飛ばして、A3一枚にして、印刷しています。A3サイズの履歴書を買えば、数枚セットで300円かかりますが、プリントだとA3、1枚10円で済みます。コンビニ複合機のアプリをダウンロードして、毎回設定をする必要があるので少し面倒ではありますが、習慣にしてしまえばそれほど手間ではありません。オススメです。

就職活動真っ只中で、一度に多くの会社に応募したいとき特にパソコンで書けるか書けないかが重要になってきます。丁寧に手書きで履歴書を1枚仕上げるのに時間がかかります。筆記試験も面接対策も進めなければいけないのに、毎日履歴書の山に時間を費やしていては、通る面接も通らなくなってしまいます。何枚か書いている時に、気持ちが萎えて単なる作業に陥ってしまい気持ちをアピールしたかったのに本末転倒です。そういうときは、ケアレスの間違いも連鎖しやすいです。


ですので、志望度がそこそこで、求人票に指定のないものはパソコンで作成しましょう。それがいいと思います。